結婚相手を探している

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人年金の重要性

みなさんは、国民年金基金連合会が運営している、個人型確定拠出年金と言うものをご存知でしょうか?
確定拠出年金は、掛け金によって将来年金を貰えるシステムのひとつです。

国民年金基金連合会による年金システムではありますが、国民年金基金とはさらに違ったものです。

一番の違いはその資産の運用方法を、加入者自信が選ぶ事が出来て、その運用結果によって、受給額も上がったり下がったりする事でしょう。

国民年金基金が定額の利率である事とくらべて、こちらの個人型年金も検討する人が増えています。

国民年金基金と、この個人型の年金にあわせて加入する事で、少しでも将来の受給に備えたいと言う人がおおいです。

やはり、将来的に物価上昇も必然となっている日本では、基礎年金だけでは誰もが不安にかんじているからです。
ですから、おおくの人が基礎年金にプラスした金額で年金を受け取り、自分自身の老後に備えようと言う人が増えています。

この個人型確定拠出年金の給付種類は、老齢給付金、障害給付金、そして、死亡一時金の3種類になります。
老齢給付金と、障害給付金は5年から20年の有期年金として貰えます。

年金の受取方法しかし、具体的には運営管理機関が設定するようになっています。

年金の金額については、請求時の個人別管理資産額の20分の1以上、さらに2分の1以下で自由に決められます。

さらに、運営管理機関の定めたところによって、一時金として貰えたり、5年経過後に一時金として貰えたりする事も可能です。

国民健康保険国民年金制度の崩壊がささやかれる中、個人年金を掛ける人が増えているのは事実です。






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。